【疑問スッキリ】ベランダとバルコニーの違いを分かりやすく解説!

カテゴリー:おうち時間

マンションや戸建て住宅などの建物の外側の2階以上の位置に、設置してあるスペースと言えば一般的に「ベランダ」や「バルコニー」といった言葉を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

これらのベランダ、それからバルコニーはどちらも同じような意味で使われていることが多い言葉ですが、一体どのような違いがあるのかという疑問を持っている人は少なくないと思われます。

実はこれらはどちらも似ているのですが、違いもあるのが特徴です。

ベランダという言葉を調べると、建物から張り出しているスペースでひさしが付いているもののことを指しています。

一方バルコニーは、2階以上の位置にある建物の外側に付いているスペースのことです。

このようなことから、ベランダとバルコニーはまずひさしがついているかどうかで見分けることができます。

また1階にある場合にはバルコニーとは呼ばない、ということになります。

とはいえ1階にあるこのようなスペースの場合にはベランダというよりは、テラスと呼ぶ方が現代の日本では一般的かも知れません。

ちなみにルーフバルコニーと呼ばれるものもありますが、こちらは建物の屋上に位置しているものを指しているのが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. カテゴリー:おうち時間

    ベランピングって?マンションでキャンプ気分を楽しむマル秘テクニック!

  2. カテゴリー:おうち時間

    ベランピングを充実!狭くても使えるおすすめアイテム4選

  3. おうち時間を充実させるちょっと変わり種のアイデア3選を紹介します!

    おうち時間を充実させるちょっと変わり種のアイデア3選を紹介します!

  4. 子供が居ても安心!マンションの防音対策グッズ4選《決定版》

    子供が居ても安心!マンションの防音対策グッズ4選《決定版》

よく読まれている記事

  1. 【コーヒーメーカー】手軽に美味しく淹れられるおすすめ商品12選
PAGE TOP